CONTENTS

  • 表紙写真
    酒列磯前神社の樹叢
  • 特別寄稿
    遠隔診療を起点とした「業界」と「地域」の枠を超えたコンソーシアム事例のご紹介
    ~人生100年時代に向けた臨床医療、自治体、民間企業の挑戦~
    • 一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院
      脳神経内科 科長 石田 義則 氏
    • 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業
      ヘルスケア・ライフサイエンス事業部 部長 太田 進 氏
    • 現在、わが国では、世界でも経験したことのない超高齢社会を迎えている。すでに、わが国の高齢化率は30%に近づき、地域によっては、35%に達しようとしている。それに比して、総人口の減少から「働く世代」は減少し、今後は働く世代1.8人が1人の高齢者を支えるという「肩車社会」を迎える。地方では「働き手」の減少によって、様々な課題が顕在化しており、今後は、大都市圏でも同様に顕在化すると予測される。
      そこで本稿では、医療・介護現場で働き手が減少している中、「地域包括ケアシステム」を推進する際の課題解決の一環として、会津若松市における「遠隔診療の活用」について取り上げ、家族などを介護するために仕事を辞める「介護離職者」が10万人となった「人生100年時代」を想定し、「臨床医療×自治体×ICT×医療関連の会社」の視点で紹介していきたい。
  • 支店長のわがまち紹介 -結城市-
  • わがまちが生んだ偉人 結城 朝光
    歴史ジャーナリスト 冨山 章一 氏
  • 筑波ふれあい倶楽部会員紹介コーナー 会員ひろば
  • 研究員レポート
    第67回 企業経営動向調査 2020年4~6月
    • 景況天気図は、全産業で前回調査(2020年1~3月)実績から悪化し「雨」となった。景況天気図平均値は、全産業で△44と前回調査実績に比べ23ポイント悪化した。4四半期連続の悪化で、09年7~9月(△47)以来の低水準となった。この内訳をみると、売上・生産DIは△60.3と同29.5ポイント悪化し「減少」超幅が拡大し、経常利益DIは△52.3と同27.9ポイント悪化し「減少」超幅が拡大し、資金繰りDIは△18.8と同10.2ポイント悪化し「悪化」超幅が拡大した。
  • 研究員レポート2
    2020年夏季ボーナス支給予定に関するアンケート
    • 茨城県内の企業における夏季ボーナス支給予定の有無、平均支給月数、前年と比較した支給額の増減、支給に際して重視する項目について調査した。
  • 研究のまち・つくばから「インフォメーション」
    これから始まる小学校のプログラミング教育(後編)
    • 筑波大学 名誉教授
      理学博士 井田 哲雄 氏
  • 経済トピックス経済情報ピックアップ
  • 茨城県経済の現況
    景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により一段と悪化している。
    先行きは、当面、感染症の影響から更なる悪化が懸念される。
    企業等の景況感は、「悪化」超幅が急速に拡大している。
    個人消費…………
    業態により、ばらつきがみられるが、全体としては減少している。
    住宅投資…………
    大幅に減少している。
    設備投資…………
    製造業を中心に前年を大きく下回っている。
    公共投資…………
    持ち直し傾向にある。
    雇用・所得情勢…
    人手不足感が一段と緩和しているが、所得は持ち直しが続いている。
    企業の生産活動…
    減少している。

  • 茨城県の主要経済指標
  • 身近なまちの風景物語
    • 背後の履歴
    • 筑波大学芸術系教授・芸術専門学群長 野中 勝利 氏
  • 筑波銀行インフォメーション スマホ決済を、銀行が変える。
  • 筑波大学芸術専門学群 2019年度卒業制作
    • 玉置 晨作 氏